生活費も無駄にしない。やりくりにおすすめのクレジットカードとは

Shutterstock.com / George Rudy

 クレジットカードの用途は人によって様々で、いろいろな方法があります。マイルを貯めるために使ったり、公共料金の支払いでポイントを稼ぐ方や、車や結婚費用など、大きな買いものをするときだけクレジットカードを使うという方もいるでしょう。今回の記事では、日頃からクレジットカードで決済することが多い方におすすめの、生活費をやりくりしてメリットの多いクレジットカードを紹介していきます。

【比較】おすすめのゴールドカード|はじめて作る、1枚目にふさわしいのは?

三井住友VISAゴールドカード

インターネットからの申込みで年会費が初年度無料

 通常の手続きで申し込みをすると年会費11,000円(税込)のところ、インターネットからの契約申し込みだと初年度の年会費が無料になります。この施策はカードデザインを刷新したことで新規の顧客を獲得したいという狙いがあるのかと思われます。現行のカードデザインに変更したのはカード番号を裏面に記すというセキュリティの向上と、ワンタッチ決済の普及を狙っているというところもあるでしょう。またステータスに結びつきやすいクレジットカードのカラーを全面に出さずに、ニュートラルな印象を与えるという点で評価する向きもあります。わかりやすいカードカラーの誇示よりもスマートでかっこいい、ということでしょうか。

20代の方には「プライムゴールド」を

 原則的に三井住友VISAカードでは30歳を超えて初めてゴールドカードにすることができるため、20代のうちにゴールドカードを申請することはできません。しかし20代限定に「プライムゴールド」にすることができて、まだゴールドカードを持っていないけど特典を得たい、ゴールドカードを使ってみたいという方にはぴったりでしょう。プライムゴールドのカード自体はPrimeという表記はあるものの、一見してゴールドカードにしか見えないので、プライムだからと思われるようなことはまずないと言って良いでしょう。

エポスゴールドカード

永久ポイント&年間利用額に応じたボーナスをプレゼント

 エポスカード最大の魅力は、ゴールドカード会員なら期限なしの永久ポイントとして換算されます。たとえば年間500,000円以上の利用であれば2,500ポイント、年間1,000,000円以上の利用なら10,000ポイントがそれぞれ通常ポイントに加算されます。これらを組み合わせると最大2.5%ほどまで還元率を高められるため、還元率を重視するユーザーにうってつけのカードです。また年会費は5,000円(税込)とゴールドカードの中では比較的安い金額になるため、お得にゴールドカードを使えます。

dカード GOLD

dポイントが2重にもらえる支払い設定

 d払いではdポイントが通常店舗では1.5%が還元され、ネット店舗では2.0%まで還元されるので、還元率は高水準です。さらにローソンでは利用金額から3%OFFになり、dポイントとの累計で5%ほどおトクになります。日常的に生活費などの決済でクレジットカードを使用している方であれば、dカードでdポイントを上手に活用することでかなりポイントを増やす「ポイ活」が捗るでしょう。

毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用で10%還元

 ドコモのケータイ・ドコモ光のご利用金額1,000円(税込)ごとに、金額の10%のdポイントが貯まります。ドコモを契約している方は年間の利用額の10%が還元されるということで、年会費の負担を軽減できます。また通常の還元率も1%と高水準な、使ってお得なゴールドカードです。dカードGOLDの年会費は11,000円(税込)となっています。

ゴールドカードセゾン

西友グループ共通の永久不滅ポイント

 ゴールドカードセゾンは西友グループが発行しているゴールドカードです。永久不滅ポイントは長くCMで訴求している代名詞のようなもので、ゴールドカードセゾンの一番のポイントです。永久不滅ポイントはポイントを失う恐れがないことと、西友グループの対象店舗では常時ポイント2倍になるため普段からショッピングでクレジットカードを利用している方にオススメです。年会費は初年度が無料で、2年目以降は11,000円(税込)となります。

楽天ゴールドカード

圧倒的な使いやすさ!楽天市場を日常的に使用しているユーザーには間違いなく「最強」

 とにかく楽天カードの特筆すべき点は、そのコスパの高さです。年会費が2,200円(税込)でゴールドクラスのクレジットカードにしては最安レベルで、なにかしらの方法で年会費無料となるカードを除いては最も維持費が低いといえるでしょう。そして楽天市場のユーザーは還元率が3%を優に超え、「ポイントで支払いサービス」を用いてはキャッシュバック可能とまさに「最強」のカードと言えます。楽天グループは様々なサービスを提供していますが、そのどれも楽天カードを組み合わせるとかなりお得になる事が多いです。そのためユーザーの伸び率もかなりよく、好調は続くと見られます。

まとめ

 生活費をやりくりするのに最適なカードは見つかったでしょうか?クレジットカードはステータスや作りやすさなど、所有するのにいろいろな理由があります。用途に合わせたカード選びをしたいところですが、何枚も持つこと自体はおすすめしにくいです。きちんと見極めて、あなた自身に合ったクレジットカードを選べるようにしましょう。

あなたにおすすめの記事

【比較】おすすめのゴールドカード|はじめて作る、1枚目にふさわしいのは?

【2021年の評判】人気のあるクレジットカードはどのブランド?おすすめゴールドカード5選

【ステータス】デザインがおしゃれ!おすすめクレジットカード5選

ステータスが大事なときもある。持っているとかっこいいクレジットカード

おすすめのクレジットカード

Text by NewSphere 編集部