smile_woman

「かわいい」と言われたくない海外出身女性もいる

babymetal

“メタル界破壊”のBABYMETAL、新作評価は?

medical_tattoo

ファッション目的ではない「命を救う」タトゥーとは?

“ドラえもんは中国侵略の道具” 地元紙のトンデモ報道に、中国人も呆れる

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

“ドラえもんは中国侵略の道具” 地元紙のトンデモ報道に、中国人も呆れる

 中国四川省・成都で開催された『ドラえもんのひみつ道具100展』について、「成都日報」を初めとする地元紙3紙が、「日本の政治的陰謀」と伝えたことが大きな反響を呼んでいる。

【ドラえもんが侵略者?】
 『ドラえもんのひみつ道具100展』は観光促進の一環として、100体以上のドラえもんが展示される。既に香港、上海、北京などの各都市を巡り、多くの訪問者を集めた。

 ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)によると、このイベントについて成都日報は「日本がドラえもんを文化的侵略の道具として使っている」と報じ、「日本はドラえもんのテーマである”尊重と友情”を繰り返しアピールすることで、侵略の歴史を煙に巻こうとしている」と伝えているという。

 また成都商報は、ドラえもんをアニメ大使として任命したのが高村元外務大臣であることに触れ、「日本の政治的動機は疑いの余地がない」と述べている。

 さらに成都晚報は、日本の戦争犯罪を忘れないこと、その被害者は3500万人(中国政府発表)であることを読者に促しているとのことだ。

【党の機関誌「過剰反応」】
 中国共産党の公式機関紙である人民日報は、この記事について「過剰反応」と報じている。ドラえもんが中国に悪影響を及ぼす、という考えは被害妄想に過ぎるし、帝国侵略のイデオロギーと結びつけるのも突飛だ、と同紙は言う。

 さらに、中国がドラえもんから学ぶべきは、日本政府によるプロモーションの巧みさだと指摘する。日本政府はドラえもんの人気が持つ力を十分に意識しており、2020年オリンピック招致活動に活かすなど国のグローバルな発展に役立てている。たったひとつのキャラクターが、全く違う文化背景を持つ国の関心を引くことができるということだ。中国は、文化の豊かさでは負けていないのに、それをうまくアピールする術がもうひとつ足りない、と同紙は述べている。

【海外読者の反応は】
 ニューヨーク・タイムズ紙によると、一部では「子供にドラえもんを見せるのをやめた」という反応もあるという。しかしやはり多くの中国人は「いったいドラえもんの何が悪いのか」という風潮であるようだ。そうした向きからは「なんでもかんでも政治のネタにするな」といった批判から、「自分はドラえもん好きだから、党の裏切り者ってことか」といった皮肉まで飛んでいるという。

 『Kotaku』によると、中国のネットでは「これを書いた記者は北朝鮮に移住すればいい。まさに望み通りの天国のはず」なんて揶揄も飛び交っているという。また同サイトのコメント欄には以下のような声が寄せられている。

・ドラえもんが何年前に始まったと思ってるんだ?記事の言い方だと、まるで日本政府がごく最近作ったものみたいに聞こえるけど。

・中国育ち。ドラえもん見てた。後になるまで日本のものだって知らなかった。…で、何が問題だって?

・ほんと中国の新聞はクズばっか。一般人のほとんどは相手にもしてない。アメリカや日本の映画は中国ですごい人気。こんなアホみたいな脅威を煽る記事書いても変わらないよ。

・政府が外国のものを見てほしくないんだったら、メディア規制を緩めてもうちょっとましな番組作れるようにしないとダメだろう。

・中国の新聞のほとんどは、中国以外のものについてはこんなバカみたいなことばかり書きやがる。いったいどんだけ後ろ向きなんだかって笑えるけど、どうせまた政府の仕業だろう。

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス) [amazon]

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました