guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

8100万人から8兆円集める 中国アリババの投資ファンド好調も、海外紙は“経済のリスク要因”

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

8100万人から8兆円集める 中国アリババの投資ファンド好調も、海外紙は“経済のリスク要因”

 電子商取引大手のアリババ集団が昨年6月に開始したオンラインMMF(マネー・マーケット・ファンド)「余額宝」の顧客数が、2月末時点で8,100万人に達した。これに対し、中国全体の株式取引の利用口座数は、3月初めの時点で約7,700万口座であった。「余額宝」の顧客数が、中国全体の株式投資者数を上回ったことになる。

 この爆発的な成長により、「余額宝」は世界で4番目に大きな規模のMMFになった。フィナンシャル・タイムズ紙によると、「余額宝」の運用資産残高は3月第2週までに5,000億元(814億ドル)に達した。

「余額宝」が発売開始10ヶ月で驚異的な急成長を遂げたのはなぜだろうか。

【高金利と資金引出の利便性】
 投資家が「余額宝」に殺到している理由は、年率6%前後の金利と必要に応じて資金を引き出せる利便性だ、とフィナンシャル・タイムズ紙は指摘している。「余額宝」の高金利に対し、主要銀行の普通預金の年利は0.35%である。また、1年物定期預金の年利上限は3.3%に定められている。
 
 オンラインMMFを提供しているのはアリババだけではない。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、ネット大手のテンセント・ホールディングスは同社のファンド「理財通」に500億元を集めた。同国最大の検索エンジン「百度」も同様のファンドを販売している。

【金利の低下と規制強化の兆し】
 大人気のオンラインMMFだが、懸念の声もある。

 中央銀行である中国人民銀行が人民元安に誘導している結果、金利が低下し始めている。ウォール紙によると、「余額宝」と「理財通」の今年のピーク時の利回りはそれぞれ、6.8%と7.9%だった。しかし、現在は両者とも6%未満である。金利の低下が続くなら、銀行預金に対するオンラインMMFの優位性が失われてしまう。

 また、オンライン金融の急拡大は、多額の債務の上に成り立つ中国経済のリスク要因になりかねない、とフィナンシャル・タイムズ紙は指摘する。「これら(新たなオンライン金融商品)は中国の金融システムを奈落の底に落とす可能性をはらむ」と北京大学経済学院金融科の呂随啓副主任は言明した。

 これに加え、中国当局はオンラインMMFに対する監視を強めている。何十億ドルもの資金が、ほとんど規制されていない投資商品に流れ込んでいるためだ。中国人民銀の周小川総裁は、同種の商品の「取り締まり」はしないとしたものの、規制を修正する方針を示した、と新華社通信は伝えている。

アリババ帝国 ネットで世界を制するジャック・マーの挑戦 [amazon]

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました