Facebookが新米ママの心を不安にさせる理由とは

shutterstock_575129944

著:Sarah Schoppe-Sullivanオハイオ州立大学 Professor of Human Sciences and Psychology; Faculty Associate of the Crane Center for Early Childhood Research and Policy)

 あなたはこの2、3日シャワーも浴びていないし、今朝の歯磨きも済んでいない。

 でも、あなたの子供は今日で満1カ月!完璧な写真が撮れるように、とっておきの服を着せ、光の当たり具合も調整した。今朝、Facebookに最高の一枚を投稿して、誰かが「いいね!」を付けてくれるのを何度も確認している。

 しかし、数々の「いいね!」やコメントに目を通してから、あなたは気づいてしまう。インターネット好きの義理の母親がまだ愛する孫の写真に反応してくれていないことに。

 どうして?何があったのか?もしかしたらまだ見ていないのかも…それとも洋服が気に入らなかったのか…。ひょっとして、あなたのことをあまり良い母親だと思ってくれていないのかもしれない。

 高校時代からの友人はどうだろう?あなたはいつも彼女の子供たちの写真に「いいね!」をしているし、コメントもしている…それなのになぜ彼女はあなたの赤ちゃんの写真を受け入れてくれないのだろう?もしかすると、自分はだめな母親だということなのだろうか、とあなたは思う。

 こんなシナリオはばかげていると感じる人もいるだろう。しかし、初めて子供を産んだばかりの母親がFacebookを使うと、現実にこんなことがしょっちゅう起こるのだ。

 そういうわけで、私の教え子の大学院生が、子どもが生まれたばかりの両親とSNSのかかわり方について調査することを提案してくれた時、私はそのチャンスに飛びついた。彼らは、私が取り組んでいる子育て研究「New Parents Project」にそれを加えるよう勧めてくれたのだ。私は親になりたての人がSNSを使用する頻度や、特に利用頻度の高い人の動機、そしてそれが彼らの精神衛生にどのような影響を与える可能性があるのか、について興味があった。ここにその研究結果を紹介していく。

◆なぜ投稿せずにいられないのか?

main

Darkdiamond67 / Shutterstock.com

 新生児の世話で忙しく、疲れている母親がなぜ貴重な時間を使ってFacebook用に完璧な赤ちゃんの画像を作成するのだろうか?さらに、なぜFacebook上の「友人」が子どもの写真にどう反応してくれるかそこまで気にしなければならないのか?友達といっても、家族や近い友人以外の多くはほとんど会うこともないような人たちなのだ。

 それは、つながるためだ。新米ママというのはどうしようもなく孤独を感じることがある。

 私がFacebookを始めた2008年、私の娘は乳児期を過ぎた頃だったが、私はすぐにFacebookというのは赤ちゃんや小さい子供の写真や投稿だらけだ、と気が付いた。

 この現象を認識したのは私だけではなかった。2009年にはFacebook上で親が「オーバーシェア(過度なシェア)」する風潮の中、シェアされた内容をコミカルに紹介する「“STFU, parents”」という投稿型のユーモアサイトも立ち上げられた。

 私もまさに、その状態に陥っていた。娘が何かできるようになったり、冒険をしたりする様子を最高の写真に収めようと必死になり、また、「いいね!」やコメントの嵐を待ち望むようになっていた。当時の私はフルタイムで働きながらの子育てに悪戦苦闘しており、その活力源となるものを求めていたのだ。

 しかし、いつもそれで元気になれるわけではなかった。

◆自尊心が低下する時
 我々の研究では、新米の両親がFacebookをどのように利用するか調査した。1年以内に第一子出産予定の共働き夫婦182組を追跡し、親になっていく過程を調査した。

 生まれた子どもが満9カ月になった頃、我々は親になって間もない母親と父親のFacebookやその他のSNSサイトの利用状況を調べた。

 我々は、父親にも母親にも同じように質問したが、すぐにわかったのは、母親のほうがSNSに費やしている時間も長ければ、子どもの写真を投稿するのも主に母親だということだ。そこで、我々は研究では母親のほうに焦点を当てることにした。

 まずわかったことの1つに、ある特定の母親、具体的には母としてのアイデンティティを周囲に認めてもらうことにこだわり、完璧な親でいなくては、と考える人は、Facebookにも積極的にかかわっていたということだ。子供の写真を投稿した際、「いいね!」やコメントの数が予想と違った場合にあらわれる情緒反応も、彼女たちは他の人より強く感じる、と答えた。

 それから、我々はFacebookを使用することと、子どもが生まれたばかりの親にうつ病の症状が出やすいこととの関連性を調べた。確かに、母親としてのアイデンティティを他人に認めてもらいたいと考え、子育てについて完璧主義の母親ほどより積極的なFacebook活動を通じて間接的に抑うつ症状が出やすくなることがわかった。さらに、Facebook活動が増えることで新米ママの育児ストレスも上昇していた。

◆必然的な「比べ合い」がストレスの元に
 なぜFacebookを積極的に使う母親のほうがストレスや不安を感じやすいのか?

 ある関連研究の中にその答えがあるかもしれない。ブリガムヤング大学のサラ・コイン氏は同僚と共に、721人の母親を対象に調査を行った。そのデータによると、SNSで他人と自分を比べがちな人ほど気分が落ち込み、親としての役割を重く感じ、自分をダメな親だと思っていたという。

main
YAKOBCHUK VIACHESLAV / Shutterstock.com

 著者らによると、人はSNS上では自分をより肯定的に描く傾向があるという。完璧な親でありたいと強く感じる母親には特に当てはまることだろう。

 もしも他人の一見完璧な子育てや家族生活と自分を比較していたら、自分が劣っていると感じるのも無理はない。思い描いていたものと実体験がまったく違うという新米ママは特にそうだろう。自然分娩で産むと言われていたのに帝王切開になった人や、子どもが早産や発達障害だったならどうだろう。

 このように、単にSNSに費やす時間が問題なのではない。母親がどのようにこれらのサイトに時間を費やし、他人と比較するかどうか、によって最終的には子育てや幸福な生活に悪影響を及ぼす可能性があるのだ。

◆面と向かってお茶をする方が有意義かもしれない
 そうなると、母親はFacebookやSNSをやらないほうがいいのか?いや、必ずしもそうではない。

 私に限らず多くの研究でSNSの危険性が強調されているが、逆にSNSによって家族や友人関係が維持、強化できるので母親には有益だとする研究もある。そして、私自身の研究では、Facebookの「友達」のうち家族や親戚が占める割合が多い母親のほうが、子育ての満足度が高いという結果が出ている

 しかし、私は母親自身がFacebookの利用動機、そしてFacebook活動にどう反応しているのか、を自分で注意深く考慮する必要があると考える。自分が、投稿画像の「いいね!」にこだわりすぎていると感じたなら、Facebookの通知をオフにして、一日のログオン回数を制限することを考えるべきだ。

 もしくは、Facebookに時間を費やすことで気持ちが落ち込むなら、Facebookから数週間または数か月間 「休憩」をとり、遠方に暮らす友人に電話をかけたり、地元の友人と直接会ってお茶したりするように切り替えるのも良いだろう。

 Facebookや他のSNSを利用する子育て世代が育児の自慢話だけでなく、その大変さについてもシェアすることで、状況は好転するかもしれない。また、完璧でなくてもありのまま輝く自分自身を表現する母親たちを批判するのではなく、支援することもまた力になるだろう。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by isshi via Conyac
eye catch photo by Africa Studios / Shutterstock.com
The Conversation

Text by THE CONVERSATION