your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

気になる口臭、実は胃の不調が原因?

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

気になる口臭、実は胃の不調が原因?

 ビジネスシーンやデートなどで気になる「口臭」。その原因として広く認知されているのは、歯周病や口の中の細菌など口腔由来のものだ。また、「胃」の健康状態も口臭に関係していること事が明らかになっている。最近の研究では、特に胃に潜む細菌「ピロリ菌」が消化不良を引き起こし、胃が不調になることが分かっている。

 日本では30代の3人に1人がピロリ菌の保菌者だという説もあり、対策の研究も進んでいる。「LG21」は、日本が産んだピロリ菌の抑制に有効とされる乳酸菌だ。これが入ったヨーグルトも市販されている。一方、海外ではピロリ菌抑制効果のある製品の入手は困難で、「LG21」入りのヨーグルトを渇望する声も高まっているようだ。

◆胃の不調が口臭の原因になる
 Yahooフィリピンは、『美容と健康』のコンテンツで口臭問題を取り上げ、「口腔由来以外」の原因を7つ挙げている。「薬(抗生物質など口の中を乾かすもの)」「低炭水化物ダイエット(脂肪燃焼に伴いガスが発生)」「風邪・気管支炎など」「タバコ」「朝食を食べない(唾液の生成が進まない)」「扁桃腺結石」と共に、「胃腸の不調」もリストに含まれている。それについて、同記事は次のように記している。

 「2008年の医療微生物学ジャーナル(Journal of Medical Microbiology )に掲載された研究によって、消化性潰瘍や胃がんの原因となる『ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染症』が、消化不良を引き起こすことで、口臭が発生している可能性が高いことが突き止められた。実際、ピロリ菌は口臭に悩む人の87%から検出された」。胃の中にピロリ菌があると胃壁が荒れて消化不良を引き起こし、それによる悪臭がゲップなどで口に“逆流”するのが、口臭の要因の一つだという。

 アイルランドの専門医、ニナ・バイロンズ医師も、同国の主要紙『アイリッシュ・インデペンデント』で、「タバコも吸わないし、コーヒーも飲まない。歯と歯茎も健康だ」という読者の口臭の悩みに、次のように答えている。「口臭の一般的な要因としてお腹の問題があります。胸焼けや胃炎の原因となるピロリ菌のケアをすれば、口臭が改善する場合があります」

◆30代の30%、40代の40%、50代の60%以上が感染か
 ピロリ菌の感染は世界中で報告されている。下水道など衛生関連のインフラが弱い発展途上国ほど感染率は高く、東南アジアなどでは90%以上が感染しているという報告もある。また、年齢が高くなるほど感染率が上がる傾向にある。

 現在の日本では20歳以下の菌陽性者はほとんど見られなくなったが、30代で30%、40代で40%、50代で60%をそれぞれ超える感染率だという。総じてインド、アフリカ・東南アジア諸国よりも低いが、イギリス、オーストラリア、フランスといった先進国よりは高い数字だ。

 「ニューヨーカーの3人に1人はピロリ菌を持っている」という報道もある。米ニュースサイト『Mashable』は、ニューヨーク在住の記者の同僚が夜通し胸焼けに苦しんで診察を受けた所、ピロリ菌の陽性反応が出たという書き出しの記事を掲載している。診察した胃腸科の専門医によれば、人口過密で発展途上国からの移民が多いニューヨークは感染率が高く、「30%以上が保菌している」という。

◆「LG21」に世界が注目
 『Mashable』は、ピロリ菌感染者の治療は抗生物質の投与が一般的だとしている。予防接種の研究も進んでいるがまだ実用段階には遠いという。そこで今注目されているのが、「プロバイオティクス」だとしている。

 プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える微生物、またはそれを含む食品やサプリメントのことだ。今のところ、ピロリ菌撃退に有効だとされるプロバイオティクスは、日本で開発された「LG21乳酸菌」だけだという。東海大学、わかもと製薬、明治乳業の共同研究により効果が明らかになった。1999年の実験では、感染者31人が1日2個のLG21入りヨーグルトを食べたところ、2ヶ月後には8割の人のピロリ菌が減少し、胃粘膜の炎症などの症状が改善したという。

 海外でも最近、その存在に注目が集まっているようだ。インターネット上のいくつかの質問欄に、LG21入りヨーグルトに関する質問が見られる。

 米Q&Aサイト『Quora』では、「アメリカでもLG21入りヨーグルトの入手は可能か?」という質問に対し、健康ライターが「アメリカ製品ではないと思う。日本製のヨーグルトはそれで有名だ。ただし、同様の成分を含むサプリメントはこっちでも手に入る。私も愛用している」などと答えている。米Yahooにも「日本にはあるようだが・・・」と、同様の質問トピックスが立っており、複数の回答者が「研究用のものしかない」「(欧米メーカーは)ピロリ菌への対処は全くしていない」などの回答が寄せられている。

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について