babymetal_concert

BABYMETALオランダ公演、往年メタラーも絶賛

what_the_fax

“まだFAXを!?” ITに保守的と海外が驚き

french_carbonara

イタリア人騒然…衝撃のフレンチ・カルボナーラとは?

“捕鯨禁止は着物禁止と同じ” 日本の反捕鯨国への反論、海外メディア注目

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

“捕鯨禁止は着物禁止と同じ” 日本の反捕鯨国への反論、海外メディア注目

 国際司法裁判所(ICJ)による中止命令を受け、ストップしていた南極海での調査捕鯨が、来年末にも再開する見込みだ。反捕鯨団体からの厳しい批判に対し、日本の関係者が、メディアを通じ持論を述べた。

◆調査捕鯨か商業捕鯨か?
 日本が調査捕鯨を始めたのは1987年。ガーディアン紙によれば、1986年にIWC
が商業捕鯨のモラトリアム(一時的停止)を決めたことにより、日本は「科学的調査」のため、ミンククジラを主に、年間1000頭の捕獲を許可された。ところが、反捕鯨グループからは、調査捕鯨とは名ばかりで、実態は商業捕鯨だと批判されてきた。

 そしてついに、南極海地域を鯨の聖域と見ているオーストラリアが、ICJに調査捕鯨の中止を求め提訴。3月に日本が敗訴したことから、南極海での調査捕鯨は延期されていた。

◆新提案にも海外は冷淡
 捕鯨再開のため、日本の水産庁は新たな計画を発表した。もっとも、ワシントン・ポスト(WP)が言うように、「多額の補助金で運営される捕鯨プログラムは、科学的目的のためだと証明するため、そして調査の名のもとに鯨を殺すことを正当化するための提案だ」と、多くの海外メディアは否定的だ。

 新提案では、捕獲ターゲットはミンククジラ年間333頭と、以前の3分の1に削減。そして以前は決められていなかった期間についても、12年間という枠が設けられた。新提案の計画書では、30年続く商業捕鯨のモラトリアムがいまだ必要なのかを判断するため、南極海のミンククジラのより生物学的、生態学的情報を得ることが、プログラムの狙いであると記されている(WP)。

 環境保護団体『ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル』のキティ・ブロック氏は新計画を批判し、「ICJの決定にも関わらず、日本はいまだに説明できないことを説明し、擁護できないことを擁護しようとしている。捕鯨は商業目的で、科学目的ではない」と述べる(ガーディアン)。また、グリンピースも、計画を即座に撤回するよう求めたと言う(WP)。

◆批判に徹底応戦
 海外からの批判に、国際捕鯨委員会(IWC)日本代表団のコミッショナー、森下丈二氏は、「日本は『環境帝国主義者』の反捕鯨国をものともせず、2015年末に南極海での調査捕鯨を再開する(ガーディアン)」と会見で気炎を吐いた。

 同氏は、『環境帝国主義』は、ひとつの価値観を他に押し付け、科学ではなく感情に基づくものだと指摘(ロイター)。そして、「どんな状況下でも捕鯨を許さない国がある」と述べ、彼らが「ゼロ・トレランス(いかなる場合も許さない)方針」を変えなければ、IWCの存在意義はないと主張する(ガーディアン)。

 さらに「ほとんどの日本人は今では鯨肉は食べないが、牛肉や豚肉を食べる人から鯨を食べるなと言われることは気に入らない」、「牛肉を食べないインド人が反マクドナルド、反牛肉運動を経済制裁とともに世界中で始めたら?牛肉の話にすれば、反捕鯨運動がばかばかしいことが分かるだろう。鯨と牛の違いは何?」と持論を展開。他国には別の慣例があることを認めず、日本の捕鯨を非難する人々は、「環境帝国主義」という罪を犯していると訴えた。(WP)また氏は、捕鯨への国際社会の反対は着物着用を禁止することと同じとも述べており、ガーディアン紙はその発言を見出しにして報じている。

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

曽根万智子

いつまで喫煙者の言い訳のようなことを言い続けるのか。

曽根万智子

これからのことを考える時だ。
悪しき風習は潔く正すべき。
高等生物だから問題視している。
食文化の問題ではない。

Tuu Rojin

日本人の情緒的でなんとなくわかるところが外人にはわからないのだろう、もっと理論的に英語で反論して世界に発信すべきです。
例えば私の理論ですが日本は戦国時代生き物どころか人を殺すのが当たり前でした。織田信長は寺社を焼き討ちしたとなってますが寺社には色々な文化財という宝があります武装していないわけがありません、つまり宗教人の武装を解いたのです。次に豊臣秀吉が刀狩りをして農民商人から武装を解きました。しかしまだ武士は辻斬、斬り捨て御免、など人殺しは平気な時代でしたが徳川綱吉が天下の悪法と言われている生類憐れみの令を出し人殺しはいけない動物は愛護しなさいという仏教的な法律をだしその後日本人は四足の動物を食べなくなりました、その結果明治維新で武士は役に立たずなり日本人はタンパク質不足で身体が小さくなったのは周知の通りです。タンパク質不足で身体が小さく成るまで生き物を愛護してきた歴史を持つ日本人にタンパク質が行き渡って身体が大きな外人が動物を愛護しなさいとはこれこそ釈迦に説法である。・・・・・

武侠忍者

そもそも反捕鯨のスタンスがチャランボラン。 警察や軍隊まで繰り出した余所の国は黙認(逃げた)、イヌイット等の少数民族は伝統だから良し、中国の水質汚染によるヨウスコウカワイルカ、メキシコのネズミイルカ(だったか)の食用目的の乱獲の時は怖いのかシーナントカのいつもバットマンごっこの話も聞かなかった。
鯨の保護って、日本”だけ”締め上げれば出来るのですか?

コメント入力

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました