guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

AKB商法だけではない、日本でCDが売れ続ける理由 海外メディアが分析

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

AKB商法だけではない、日本でCDが売れ続ける理由 海外メディアが分析

 音楽業界がデジタルへと移行する中、世界中でCDの売上が落ちている。

 だが日本ではいまだにCDが主流で、音楽売上の約85%を占めている。

【日本でCD売上が堅調な背景】
 日本は新しい技術をすぐに取り入れる国と思われているが、CDへの執着は世界の音楽業界と相容れないとニューヨーク・タイムズ紙(NYT)は指摘。

 デジタル技術が発展し始めた2000年から規模が半減した世界の音楽業界の優先課題は、日本の風向きを変えることだ。しかし日本内外のアナリストらはその難しさを懸念する。

 第一に、日本のレコード会社は保守的で、デジタル事業を疑問視する風潮がある。そのためSpotify(スポティファイ)やRdio(アールディオ)など世界の音楽配信サービス大手が日本参入にてこずっている。また日本最大の音楽配信サービス、ソニーの「Music Unlimited」にはヒット音楽が余りない。

 一方、コレクターが多いという日本の文化的な要因もある。人気のAKB48はイベント参加券をCDに付けているため、熱狂的ファンは何枚も購入する。

 オンラインTVチャンネル『TelecomTV』は、日本同様にCDなどフィジカル音楽が比較的好調なオランダではレコードやDVDなども収集されるが、日本ではiPodなどデジタルで見えないものよりCDのラインナップを棚に並べることを好むと報じている。

【日本のデジタル音楽の売上は5年間で劇的に減少】
 日本はアメリカに次いで世界音楽市場2位だが、昨年の音楽売上は17%減少し、世界全体の売上を3.9%引き下げた。日本レコード協会によると、2009年に約10億ドルだった日本のデジタル音楽の売上は昨年4億ドルに減ったという。

 ドイツでも比較的CDは売れているというが、「(日本やドイツで)オンライン音楽が発展しなければ、避けられないCD売上減により、さらに業界が打撃を受ける」とのアナリストらの見解をNYTは掲載している。

 日本レコード協会の畑陽一郎理事は「日本のレコード会社の望みは、フィジカル市場の現行サイズを維持し、新たなデジタルサービスを許諾することで再びデジタル市場の成長に努めることだ」(NYT)と語ったという。

 日本では昨年ミリオンセラーのアルバムはなかったが、今年はディズニーの「アナと雪の女王」サウンドトラック日本版と、AKB48の最新作の2枚が達成した。だが今年前半の売上は前年からさらに3%下落しているという。

ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる! (コア新書) [amazon]

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました