your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

ろくでなし子氏逮捕から見える、“日本のダブルスタンダード” 海外メディア指摘

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

ろくでなし子氏逮捕から見える、“日本のダブルスタンダード” 海外メディア指摘

 自身の女性器を3Dスキャナーで撮影し、そのデジタルファイルを頒布したとして逮捕された「ろくでなし子」さんが、24日、日本外国特派員協会で記者会見を開いた。この事件を例に、わいせつと芸術に関し、海外メディアが率直な意見を述べている。

【今後有罪となる可能性も】
 ろくでなし子さんは、女性器をテーマにしたアート作品を作る芸術家だ。自分の性器をかたどったカヤック制作のため、クラウドファンディングで寄付を集めたが、寄付をした人にその性器の3Dイメージがダウンロードできるサイトへのリンクを提供したことで、「わいせつ電磁的記録頒布」の疑いで逮捕・勾留された。弁護団による、勾留決定に対する準抗告が認められ、現在は釈放されている。

 「自分の体の一部をそのまま投影しただけ。それがわいせつとは思わない」、「警察の権力には屈しない」と、会見で語ったろくでなし子さんだが、今後起訴され、有罪となる可能性もある(グローバル・ポスト)。

【日本のダブルスタンダード】
 USAトゥデイ紙は、日本では、ポルノと性的なイメージが蔓延していると述べる。卑猥な雑誌や漫画を男性が堂々と電車の中で読んでいることは普通であり、学校や子どもの遊び場に近いコンビニでも、そういったものが平然と売られている、と報じている。

 さらに同紙は、国際社会からのプレッシャーで、児童ポルノの所持が禁じられたのがつい先月のことだが、漫画やアニメでの子供の体の露骨な描写は、出版界からの圧力で例外とされた、と伝えている。

 このような状況を、組織犯罪と性産業に詳しいジャーナリストのジェイク・アデルスタイン氏は、「日本がダブルスタンダードだということ。男性にとっては言論の自由にかかわる問題も、女性がやると、そうではなくなる」と述べている。(USAトゥデイ)

【歪んだポルノ】
 米ニュースサイト『グローバル・ポスト』は、東京は「心配なしで変態的娯楽に浸れる街」と指摘。しかし風俗業のモラルのなさとは対照的に、ポルノに対する規制は驚くほど厳しいと述べている。

 そのため規制をかいくぐる形で、ろくでなし子さんの作品をはるかに超える歪んだポルノが出回っていると同サイトは述べる。架空の怪物に触手を用いて人間と性行為をさせる「触手責め」を描くアニメや、男性に精液を振りかけられた女子学生や秘書を演じる女優の屈辱的表情を楽しむ「ぶっかけ」などのビデオに対し、「これらがわいせつでないなら、いったい何がわいせつなのか」と、疑問を呈している。

【過度のモラルは問題】
 オーストラリアのアート系サイト『ArtsHub』は、21世紀のテクノロジーでスキャンした性器は芸術と見なされず逮捕されるのに、性器や性行為をはっきりと描く江戸時代の「春画」が、浮世絵の一種として高く評価されるのは、整合性がないと述べ、以下のように結論づけている。

 「実は問題にされるべきは、作品を配布するテクノロジーやわいせつの定義ではなく、現代の行き過ぎたモラルや、そのモラルがいかに伝統芸術と現代芸術の両方にしっくり馴染まないものであるか、という点であるかもしれない。」

↓リアルなクールジャパンを知る!電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選」発売↓

(Newsphere編集部)

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について