your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

ろくでなし子氏逮捕、海外は違和感報道 「女性器の脱神秘化」アートのコンセプト無視に疑問

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

ろくでなし子氏逮捕、海外は違和感報道 「女性器の脱神秘化」アートのコンセプト無視に疑問

 自らの女性器をかたどり、さまざまなアート作品を作る「ろくでなし子」氏が、14日、わいせつ電磁的記録頒布の疑いで警視庁に逮捕された。このニュースは、海外では意外さをもって受け取られたようだ。

【ろくでなし子氏がクラウドファンディングの対価として提供したものは】
 ろくでなし子氏は、自らの女性器を拡大し、カヤックと一体化させた「マンボート」を作成するため、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金調達を行った。このサイトは、投資ではなく、「クリエイティブなプロジェクト」の支援を目的としており、支援者は、金銭ではなく、他の形でリターンを受け取ることになる。

 ろくでなし子氏がリターンとして提供したのは、3Dスキャンした自らの女性器のデータだった。3Dプリンターを用いれば、このデータから女性器を再現することができる。警察は、これがわいせつ物の頒布に当たると判断して氏を逮捕した。

【女性器のオープンな表現は、じめじめしたイメージを払しょくするため】
 ろくでなし子氏は、日本社会において、女性器があまりにもタブー視され、「必要以上に隠されてきたために、逆にいやらしさが増幅し、女性にとっては単なる体の一部なのにセックスや卑猥なイメージを勝手に与えられてしまったと感じ」たことから、そのイメージを払しょくするために、明るくポップな作品を制作してきたという。

 そんな氏の活動を、『VICE News』は「女性器の脱神秘化」と伝える。CNNも、氏がどのような考えから、女性器アートを作成するようになったかを伝えている。氏が自身のウェブサイトで、英語で活動の趣旨を説明したことも、理解を促進するのに役立っているかもしれない。CNNは氏を「コンセプチュアル・アート作家」と呼んでいる。

 米ニュースサイト『デイリー・ビースト』は、彼女の活動を、「ラディカル・フェミニズムのアート・プロジェクト」と形容した(「ラディカル・フェミニズム」は、男性による女性の身体支配からの解放を求める運動)。そして、彼女の作品は、そのような政治的意味を持つにもかかわらず、単に「わいせつ物」として警察の取り締まりの対象になった、と報じている。

【氏の逮捕はポルノ大国日本のイメージに合致しない?】
 日本において女性器の表現(写真、映像など)が違法であることは、アメリカのメディアにとっては、意外なこととして感じられたようだ。アメリカでは、無修正ポルノが合法なので、それが当たり前と思われている…ということがあるのかもしれない。しかしそれ以上に、“性的表現に過度なまでに寛容な国”という、日本について抱いているイメージと、うまく折り合わないようなのだ。

 CNNは、“ポルノ産業が盛んで、毎年ペニス祭が行われる国”で、氏が逮捕されたことは意外に思われるかもしれない、と語る。その祭とは、神奈川県川崎市の金山神社で行われる「かなまら祭」のことだ。外国人観光客にも大変人気のある祭で、海外メディアでもしばしば興味深く取り上げられている。

 女性器の表現がタブー視される一方で、男性器の表現は、ポップ・カルチャーで受け入れられる要素だ、とろくでなし子氏が語っていることをCNNは伝える。この祭の光景を目にした人であれば、彼女の意見に反対するのは難しいとわかるだろう、と記事は語る。

【ポルノに対する取り組みのいびつさを指摘(しようとするが…)】
 今回参照した海外メディアの記事では、すべて、日本が1ヶ月前にようやく児童ポルノの単純所持を違法化した事実が書き添えられていた。ポルノに関して、そのような重大問題をつい最近まで放置していたにもかかわらず、氏の活動をポルノとして取り締まるのは、アンバランスの感を抱かせる、ということらしい。この論調は、『デイリー・ビースト』において特にはっきりしている。

 気になるのは、『デイリー・ビースト』で、日本では女子学生の使用済み下着を自動販売機で買うことができる、と述べていることだ。大して長い記事でもないところ、同様の記述が3ヶ所もある。ソースとして記事中でリンクされているページを見れば、(少なくとも現在では)それが“都市伝説”に過ぎないことがわかる。しかし、日本に関するこの“通念”は、なかなか根強いもののようだ。

【ネット署名サイトでは、釈放を求める署名が2万人以上も】
 このニュースは、海外のネットユーザーからも関心を呼んでいるようで、CNNには50件近く、ガーディアン紙の同様の記事には130件を超えるコメントが寄せられていた。

 また、ネット署名サイト『Change.org』では、ろくでなし子氏の釈放を求める嘆願ページが立ち上がり、2万人以上の賛同者が集まっている(18日現在)。

↓リアルなクールジャパンを知る!電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選」発売↓

(Newsphere編集部)

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について