guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

犬の介護施設が登場 ひと月10万円の豪華サービスに海外メディアも興味津々

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

犬の介護施設が登場 ひと月10万円の豪華サービスに海外メディアも興味津々

 イオングループのペット関連企業「イオンペット」は6月下旬、犬用の介護ケア施設を千葉市美浜区の大型ショッピングモール内に開設する。まずは20匹を預かる予定だ。

【いたれりつくせりの豪華な施設】
 施設は、24時間体制で獣医師が待機し、犬のためのペットジムやプールを備えている。また、手入れ用の立派な設備に加え、死が間近いペットと飼い主が過ごすための滞在場所もある。

 さらに、毎時間の室内の温度チェック、昼夜を問わず飼い主がペットの様子を見ることができるウェブカメラなどを備えている。

 同社によると、施設利用の値段は犬の大きさや種類により異なるが、平均して月に10万円くらいになるだろうとしている。

【今後全国にサービスを拡大】
 イオンペットは既に日本最大のペット企業で、170の店舗と59の動物病院を有する。成田空港には、ペットホテル「ペットイン 成田エアポート」(個室8000円~2万円)がある。

 ペットホテルの前支配人で現在介護施設責任者の櫻井千代氏は、「成田で10年間ペットホテルを運営したことで、ペットの高齢化という問題に気づいた。飼い主の中には、(年老いたペットの)面倒をみ続けることができないという人もいた」(NBC)と話す。「このような声が、事業を始めるきっかけのひとつとなったことは間違いない」「人も犬も年を取る、飼い主自身が介護施設に入居しなければいけない事態も出てくる」

 NBCによると、イオンペットの小川明弘社長は、日本初となる犬の介護ケア施設の開設について、会社の経験値を上げ「業界基準を確立する」ための良い機会だとみているようだ。

 同氏は、「最終的には全国にサービスを拡大したい」(共同通信)と話す。

【「ペットの面倒は死ぬまで」が義務化】
 ペットの生活環境と医療環境が向上したことで、多くのペットがより長生きをするようになった。また、2013年9月には、「改正 動物愛護管理法」が施行され、飼い主はペットが死ぬまで面倒をみることが、義務化された。

 このような事情を背景に、タイム誌は老犬の介護ケア施設を処分される野良犬の数を減らすひとつの方策とみている。

 同誌は、高齢化した飼い主が入院した場合、代わりにペットを世話してくれる者がいないことや、飼い主がペットを飼えないアパートに引っ越すということもあるという、ジャパン・タイムズ紙の2013年の記事を引き合いに出している。

 ジャパン・タイムズ紙は、ペットを飼う際に、長期的にどれだけの世話が必要なのか認識していない飼い主もいると指摘している。

シニア犬のケアと介護 (NHKまる得マガジン) [amazon]

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました