your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

海自、無人潜水装置を紛失 原因不明の事態に各国メディアも注目

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

海自、無人潜水装置を紛失 原因不明の事態に各国メディアも注目

 海上自衛隊は、昨年11月30日、津軽海峡で調査中に、無人潜水装置を紛失したことを認めたと報じられている。この装置は、全長3メートル、幅2メートル、重さは5トン程だという。価格は、およそ5億円といわれている。

 時事通信など日本メディアの取材で明らかになった本件について、ロシア・トゥデイや英テレグラフ、サン・デイリーなど海外メディアも続々と報じている。

【紛失した状況】
 各メディアによると、海自は事故当時、無人潜水装置をケーブルで海洋観測艇「にちなん」につないで、遠隔操作を行っていた。その際に何らかの原因でケーブルが切れて、装置を紛失したという。

【海自が行っていた調査とは】
 共同通信によると、海自は装置を使って、周辺海域の海底の様子や、潮の流れ、海水温度を調査するとともに、近隣国の潜水艇の動きを調査していたという。

 なお調査データは、ケーブルを経由して、海洋観測艇に送信される。紛失した装置にデータが保管されることはないため、流出はないという。

 英テレグラフ紙やAFPは、紛失事故の翌日から、海自は掃海艇を使用して9日間周辺海域を捜索したと報道。しかし無人潜水装置を発見することはできなかったため、事故調査委員会を設置し、紛失の原因究明にあたるとしている。

これが潜水艦だ―海上自衛隊の最強兵器の本質と現実 (光人社NF文庫)

(Newsphere編集部)

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について