世界中のメディアが驚いた、日本の遊び心満載の寿司とは

20170206-002_ns_01

 この写真の寿司、目を凝らすとネタが少し妙に見えるだろう。実はこの寿司のネタはチョコレートバーの「キットカット」だ。このキットカットはもちろん一般に販売されているわけではなく、2月2日にオープンした「キットカット ショコラトリー 銀座店」で税込3,000円以上の商品を購入した500名にプレゼントされるスペシャルな“寿司キットカット”だ。

 この取り組みは、ネスレ日本が日本市場に向けたものなのだが、寿司ネタをキットカットにするという遊び心に世界中のメディアが注目した。火付け役になったのは、ゲーマー向けメディアのKotakuだ。この寿司キットカットは、昨年4月のエイプリルフールのジョークとして、ネスレ日本がSNSを通じて紹介したところ大きな反響があり、今回実現するに至ったというエピソードを紹介している。

 このKotakuの記事を受け、米女性ファッションメディアのCOSMOPOLITANもこの特別なキットカットを紹介した。その他にも、経済メディアのFORTUNE、ニュース専門放送局のCNN.com、 イギリスで最も古いタブロイド紙のオンライン版 Daily Mail Onlineなど、世界中の名だたるメディアがユニークな取り組みとして紹介している。

20170206-002_ns_02

 ユニークなルックスはもちろん、エイプリルフールのジョークを実現するというストーリーや、バレンタインデーシーズン、銀座店のオープンタイミングと合わせていることなど、このネスレ日本の取り組みは非常に緻密に計算されたマーケティング施策だ。おそらく、世界のメディアにここまで注目されることは想定外だったろうが、コンシューマー向けのマーケターならば是非参考にしたい成功例だろう。

photo | ネスレ日本株式会社

Text by 酒田 宗一