あなたの生活をより良いものに変えたブランドランキング 1位は私たちの生活に欠かせないあのブランド

SONY DSC

 日々の生活は、様々な企業・ブランドのサービスやプロダクトに囲まれている。その中で、本当に私たちの生活をより良くしているブランドはどこなのか。そんな疑問に答えるランキングがRankerで発表されている。Rankerはユーザー参加型のランキングを提供しており、熱狂的ファンによる投票行動などを考慮した独自のアルゴリズムにより順位を決めているという。

 第1位はGoogleだ。何か分からないことがあった際、とりあえずGoogleで検索すれば大抵のことは解決するし、Google Mapに案内してもらえば分からない場所に向かうときに迷うこともない。生活をより良く変えたと多くの人が評価しているのも頷けるほど、Goolgeのサービスは多くの人にとって生活になくてはならない存在といえるだろう。第2位は定額制動画配信サービスのNetflixだ。米国ではNetflixの登場により好きな時に好きな番組を見るという新しい余暇の過ごし方が定着した。第3位はAmazon.comで、近所の店舗に足を運び限られた商品から選んでいた購買行動が、膨大な商品から好きなものをいつでもどこでも注文できるようになった。

 日本のブランドとしては、トップ10には第9位に任天堂が、第10位にソニーがランクインしている。任天堂は世界中の子どもが夢中になるゲームを提供していることがランクインにつながったのだろう。ソニーも、プレイステーションのゲームに夢中になった人々が高く評価をしたのではないか。

 ランキング上位のブランドを眺めてみると、最も多いのがインターネット企業によるブランドだ。多くの人が、インターネットによって生活がより良いものになったと実感しているということだろう。他には、ゲームやおもちゃメーカー、映画会社など娯楽コンテンツを作り出すブランドや、食に関するブランドが目立つようだ。

 最後に、ランキングのトップ15のブランドを以下にて紹介する。

1, Google
2, Netflix
3, Amazon.com
4, Apple
5, The Walt Disney Company
6, Facebook
7, Microsoft Corporation
8, LEGO
9, Nintendo
10, Sony Corporation
11, YouTube
12, eBay
13, Heinz
14, HBO
15, Coca-Cola

photo via PEXELS

Text by 酒田 宗一