your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

キース・エマーソンさんの恋人が語る自殺の理由 完璧主義で繊細…ネットの酷評も一因か

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

キース・エマーソンさんの恋人が語る自殺の理由 完璧主義で繊細…ネットの酷評も一因か

 プログレッシブ・ロック・バンド「エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ELP)」のメンバーとして活躍し、世界的に著名なキーボーディストのキース・エマーソンさんが、11日未明、自宅で死亡しているのを、同居している日本人女性が発見した。自殺とみられている。女性は、英メディアに対し、エマーソンさんが最近、病気の影響で満足のいく演奏ができず、間近に迫った日本ツアーでも観客をがっかりさせるのではないかと、ひどく思い悩んでいたと語っている。また、ネットでの酷評も、エマーソンさんにとっては心の負担になっていたようだ。

◆警察は自殺とみて調査中
 英デイリー・メール紙の姉妹紙である週刊新聞「メール・オン・サンデー」などによると、エマーソンさんは日本人のカワグチ マリさんと米ロサンゼルスで同居していた。カワグチさんが11日未明(AP通信によると午前1時30分ごろ)帰宅したところ、エマーソンさんが倒れているのを発見、警察に通報したが、死亡が確認されたという(NHK)。

 メール・オン・サンデー紙は、エマーソンさんは所持していた護身用の拳銃で自殺した、と伝えている。英インデペンデント紙によると、ロサンゼルス・サンタモニカ警察の担当者が、エマーソンさんの頭には自ら発射した銃によるとみられる傷があり、「自殺として調査中」だと語ったそうだ。

◆病気のせいで満足なプレイができず、観客をがっかりさせることを恐れていた
 カワグチさんはメール・オン・サンデー紙に、エマーソンさんが最近、音楽活動で悩んでいたことを語っている。そこから浮かび上がってくるのは、エマーソンさんが71歳を迎えてなお一流のプレイヤーであり続けようとしていたこと、しかし病気の影響でそれが難しくなっていたこと、ファンを失望させることをひどく恐れていたことである。

 メール・オン・サンデー紙は、エマーソンさんは自分がミュージシャンとしてもう満足な水準にないのではないか、と恐れていたせいで自殺した、「ファンのために完璧に演奏することがもうできないせいで拳銃自殺した」、とカワグチさんが語ったと伝えている。

 カワグチさんによると、エマーソンさんはここ数年、右手に困難を抱えていたという。「彼の右手と右腕は、何年も彼に問題を引き起こしていました。数年前には病気の筋肉を除去する手術を受けましたが、右手の痛みと神経の問題は悪化していました」とカワグチさんは語っている。デイリー・メール紙によると、エマーソンさんは筋肉が衰弱する病気に何年も苦しみ、それが右手の指に悪影響していたという。

 エマーソンさんは4月に来日し、大阪と東京でライブを行う予定だったが、エマーソンさんはこのライブに対する不安でひどく苦しんでいた、とカワグチさんは語っている。

「彼は自分がもう十分に良い演奏ができないのではないかという不安に苦しんでいました。彼は日本でのライブ後に引退することを考えていました」「彼はファンをがっかりさせたくなかったのです。彼は完璧主義者で、自分が完璧に演奏できないという考えのせいで落ち込み、神経質になり、不安になっていました」

◆ネットの酷評が精神的負担に?
 カワグチさんによると、ネット上の酷評も、エマーソンさんを追い詰めた原因の1つとなってしまっていたようだ。

「彼はネット上の批判を全部読んでいて、しかも繊細な人でした。昨年、彼はライブで演奏したのですが、人々は『もう演奏活動を止めたらいいのに』といった意地悪なコメントを投稿しました」とカワグチさんは語っている。エマーソンさんの公式ページによると、2015年にはロンドンなどでライブを行っている。

 デイリー・メール紙は、エマーソンさんがファンからの容赦のない辛らつな言葉によって非常に苦しんでいたかもしれないと考えられる、と語っている。その理由として、エマーソンさんは、自身の音楽を非常に重要なものと捉えていたばかりではなく(たとえ他の多くの人がそうではないとしても)、彼はステージ上でのワイルドなロックスターの見た目とはまったく違って、非常に繊細な人だった、と語っている。

 ネットにより、アーティストと受け手の距離が縮まり、直接コミュニケーションを取ることも容易になっている時代。受け手が思ったこと、感じたことをネットに書くのは自然なことであるし、アーティストの誰もがエマーソンさんのように、深刻に受け止めるわけではないだろう。だが、エマーソンさんにとっては、ネットの影響力がマイナスに働いてしまった。不幸な出会いだったと思わざるを得ない。

◆ELP時代の破天荒なパフォーマンス
 ELPはピンク・フロイド、イエス、キング・クリムゾンなどと並んで、プログレッシブ・ロックを代表するバンドである。英テレグラフ紙は、ELPは1970年代のプログレッシブ・ロック・バンドで最も人気のあったバンドの1つだと語っている。同紙によると、1970年にロンドンで結成され、1979年に解散したが、1991年に再結成した。デイリー・メール紙は、発表した9枚のアルバム中6枚が(100万枚以上売れた)プラチナディスクになった、と伝えている。

 インデペンデント紙は、エマーソンさんは、彼の時代で最も成功したミュージシャンの1人、ある世代で最も優れたキーボード・プレーヤーの1人とみなされている、と語っている。デイリー・メール紙は、エマーソンさんは「キング・オブ・プログレ」の1人だったと述べている。

 デイリー・メール紙は、ELP時代のエマーソンさんの破天荒なパフォーマンスぶりを紹介している。バンドの中で、キーボード・プレーヤーというのは面白みがなく、動かないメンバーだという認識を、エマーソンさんが見事に吹き飛ばしたと語っている。

 例えば、あるツアーでは、エマーソンさんはスタインウェイのグランドピアノとともに、ワイヤーで6メートルの宙づりにされた。そして、ピアノとエマーソンさんが一体となってぐるぐると縦回転する中、ピアノを演奏し続ける、という具合だ。

 また、ハモンド・オルガンを揺すってステージ上を引きずり回しながら、音を出し続けるため、鍵盤の間にヒトラー・ユーゲントの使用した短剣を刺し込む、といったパフォーマンスも行っていた。また、楽器には、炎を噴出する仕掛けが組み込まれていたという。

 こういった過激な演出のせいで、エマーソンさんには負傷が絶えなかったという。「ろっ骨が折れたり、指の爪が吹き飛んだりすることの合間には、愉快な時がたくさんあった」とエマーソンさんは後年回想している。

◆ELPメンバーが語るエマーソンさんの素顔
 そんなエマーソンさんも、ステージを離れると、温厚な2児の父親だったとデイリー・メール紙は伝えている。

 ELPのメンバーだったカール・パーマーさんは声明で、「キースは優しい心の人で、彼の音楽への愛と、キーボード・プレーヤーとしての演奏に対する情熱は、この先何年も並ぶ人がいないだろう」と語っている。またテレグラフ紙は、パーマーさんの「私はこれからも常に、彼の温かい笑顔、良いユーモアセンス、人の心をつかんで離さないショーマンシップ、自身の音楽的技巧への専心を忘れないだろう」という言葉を伝えている。

 またもう1人のメンバーのグレッグ・レイク氏は声明で、「キースの死は悲しく、痛ましいが、これが彼について人々が持ち続ける永続的な記憶にならないよう望んでいる。私がキース・エマーソンについて、これからも覚え続けているだろうことは、彼のミュージシャン、作曲家としての目覚ましい才能であり、楽しませることへの彼の才能と情熱だ。音楽は彼の人生だった」と語っている。

(田所秀徳)

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について