your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

『進撃の巨人』配役、海外ファン大反響 “エレン、ミカサかっこいい”“リヴァイは?”

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

『進撃の巨人』配役、海外ファン大反響 “エレン、ミカサかっこいい”“リヴァイは?”

 諌山創氏による人気漫画「進撃の巨人」の実写映画版キャストが、20日、発表された。主演の三浦春馬は「エレン」に、「ミカサ」は水原希子、「アルミン」には本郷奏多、「ジャン」は三浦貴大、「ハンジ」は石原さとみが扮する。実写版には、人類最強の男「シキシマ」など7人の新キャラクターたちも登場する。

 圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いた漫画「進撃の巨人」は、8月に単行本の発行部数が累計4000万部を超え、2013年にはテレビアニメ化も行われている。海外でも多くのファンを持つ同作品の実写映画化は、大きな注目を集めている。

◆アルミンはブロンドの美少年なのに
 漫画の舞台やキャラクターがヨーロッパ風であることから、キャストが全員日本人であることに違和感を抱いたファンが多いようだ。『Kotaku』、『Anime News Network』、『reddit』には次のような声が寄せられた。

・アルミン「僕はこんなに醜くない。もっとブロンドの美少年なのに」
・なぜ役に合わせて髪を染めないのか。
・ヨーロッパの会社と共同制作したら、適切な人種の人々を配役できたのに。黒髪のアルミンは絶対に違う。
・ジャンはひどい。エレンとミカサ、他のキャストはカッコいい。
・キャストが全員アジア人だったら、「ミカサが最後のアジア人」という原作に矛盾する。
 
 お気に入りのキャラクターが実写版には登場しないことに失望したファンもいる。

・新キャラクターのシキシマが人類最強の戦士だなんて。本当はリヴァイが人類最強なのに。

 配役の選考について、佐藤善宏プロデューサーが「原作のキャラに外見が似ているか否かは、まったく考慮に入れ」なかったと語ったことを『Anime News Network』は報道している。原作者の諫山創氏と何度も話し合い、キャラのスピリットを体現できる俳優という基準のみで選考を行ったとしている。

◆ハンジがRPGをかついでる
 実写版の時代設定が原作と異なることに面食らったファンも多いようだ。前述のサイトには下記の様な声が寄せられている。

・ハンジがRPG(肩打ち式の対戦車無反動砲)をかついでいる。
・設定がすべて変更されている。ドイツのようなヨーロッパらしい場所ではないし、RPGや現代的なビルから判断すると、時代は現代のようだ。

 映画と漫画は異なる媒体であり、原作と全く同じである必要はないが、原作のファンの期待に応えるのは、なかなか難しいようだ。『reddit』に寄せられた下記のコメントには多くの賛同があった。

・「進撃の巨人」だから、実写版も見たい、でも同時に見たくない。なぜならひどい映画だろうから。
・2つの可能性がある。1)まあまあ、まとも 2)ひどいけど、冗談にして楽しむ 

 映画は2015年夏、前後編部作で公開予定である。

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

武侠忍者

昔々、東映がデビルマンを実写映画にしようとして大失敗した頃、どこかのおめでたい大学教授が日本の漫画アニメゲームという優れたコンテンツとデジタル映像技術に若いクリエーターの感性が加われば新しい映像が産まれるなどとのたまったそうです。

こんな質の悪い冗談を真に受けた彼等は一体、いくつコンテンツを無駄にしたら、自分達がクリエーターではなく只の業界君だと気付くのでしょうか?

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について