your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

「映画界の損失」 スタジオジブリのアニメ撤退ニュース 海外からは驚きと悲しみの声

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

「映画界の損失」 スタジオジブリのアニメ撤退ニュース 海外からは驚きと悲しみの声

 スタジオジブリは4日、現在公開中の『思い出のマーニー』を最後に、アニメ制作から撤退、映画制作部門を一度解体することがわかった。宮崎駿監督の引退表明から1年足らずのニュースに、海外からは驚き惜しむ声が寄せられ、メディアも大きく報じている。

【次世代の環境作りのための再構築】
 スタジオジブリの代表取締役でもある鈴木敏夫プロデューサーは、8月3日放送のTBS系「情熱大陸」に出演し、株主総会の場で制作部門の解体を明かした。29年間の映画制作活動に終止符を打ち、今後は限られたスタッフで版権管理や、ジブリ美術館の運営管理のみ継続するとみられる。

 『ComingSoon.net』によると、スタジオが解体されるのではないかという憶測が飛び交っている中、鈴木氏は次世代の環境作りのためにスタジオの人員整理と再構築を考えていることを強調した、と報じた。「宮崎駿監督の引退は大きかった。このままつくり続けることは不可能ではなかったが、いったん小休止する」と、鈴木氏は話しているという。

【アニメ撤退の理由】
 アニメ制作撤退のニュースは様々な憶測を呼んでいる。テレグラフ紙は、ジブリは『千と千尋』公開に至るまでの10年間、若い人材を育てようとしてきたが宮崎駿監督と高畑勲監督の後継者は育てられなかった、と報じている。

 また英ガーディアン紙は、ジブリ関係者が日本のニュースサイト『News Café』で、莫大な制作費と、近年の作品からの興行成績の悪さを上げていることを報じた。「スタジオは解体せざるを得ない。今後毎年、質の高いアニメ映画を制作し続けるのは不可能」、とコメントしている。夕刊フジによると、ジブリでは1本のアニメ映画製作に約8万枚のセル画を使用しており、1作品には約50億の費用がかかるといわれている。最新作の『思い出のマーニー』は、評論家の評価は高いものの、興行成績の出足は鈍いという。

【海外におけるスタジオジブリの評価】
 ガーディアン紙では、ジブリ映画のメッセージであるモラルは複雑だが、家族で楽しめる映画として世界で親しまれている、と評価している。

 「忘れてしまったもの、気付かずにいるもの、失くしてしまったと思いこんでいるもの」という3つのフレーズが、ジブリ作品を的確に表している、とテレグラフ紙は論じている。ジブリ映画は温かい目、賢い目で世界を見直させてくれる、と評価した。

 ソーシャルネットワークでも反応が大きく、撤退を惜しむコメントが寄せられている。
・アニメ界の悲報だ。
・映画界の損失だ。
・宮崎監督は伝統を守る最後の監督だ。

ジ・アート・オブ 思い出のマーニー (ジブリTHE ARTシリーズ) [Amazon]

(Newsphere編集部)

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について