your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

サッカーW杯 日本は“ダークホース”? 前王者スペインのサッカー専門家が期待

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

サッカーW杯 日本は“ダークホース”? 前王者スペインのサッカー専門家が期待

 2014年サッカーW杯ブラジル大会が、12日に開幕する。

 優勝候補は、ブラジル、スペイン、ドイツ、アルゼンチンとされる。スペインの世界サッカー評論家、フランシスコ・オルティー氏は、この4チームの他に活躍が期待されるダークホース的な存在として、日本をあげている。

【日本代表は、アジアで最も強力?】
 同氏は、スペインの『Futbolprimera.es』 の中で、「 ベルギーの次に日本、チリ、ボスニア、ロシアに期待」 との記事を掲載している。日本を選んだ理由として、アジア王者の実績、本田や香川といった「ボールコントロールが上手く、試合の流れを読む能力が非常に優れた選手」をあげている。

 一方で弱点は、両サイドからの強烈な攻撃力に欠け、 ゴールを確実に狙えるキラーがいない、と指摘した。グループリーグを通過できた場合、決勝トーナメント1回戦の、Dグループ(イタリア、イギリス、ウルグアイ、コスタリカ)上位チームとの対戦が壁となる、とも論じている。

 同じくスペインのサッカー評論家のアドゥリア・カサイン氏も、スペインの『marcadorint.com』で、日本のストライカー不足を指摘している。さらに日本について、「(2010年)南アフリカ大会で16強まで残ったが、大会を通じてわずか4得点しかあげていない。しかしチーム全体はバランスが取れているし、特に中軸陣は優れている」と評価している。

【本田と香川に注目】
「本田と香川のプレー次第で、日本選抜の可能性が決まる」と、スペインのサッカー評論家のジョン・ウランサ氏は分析している(『Deportespolos.com』)。

 また同氏は、「本田は日本選抜のスターであり、香川は秀でた能力を備えている。特に本田のキック力は注目に値する。問題は調子の良さを継続して維持することに欠ける点にある 」と評価している。

【ライバルは、ベルギー、チリ、ボスニア、ロシア】
 なお前述のオルティー氏は、日本以外のダークホースとして、ベルギー、チリ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ロシアをあげ、以下のように分析している。

・2002年大会以来の出場となるベルギーは、同国サッカー界の黄金時代を迎えたかのように、能力ある選手が集まっている。特にFWルカク、GKクルトワは世界でトップレベルの選手。

・チリはディフェンスが幾分弱いものの、非常に競争力があり、どの強豪チームとも互角の戦いができる。前王者スペインは、予選同組のチリを特に警戒している。

・初出場のボスニア・ヘルツェゴビナは、チームワークの良さに定評がある。

・ロシアは強力な選手を多く抱える。勝負強さが課題だったものの、元イングランド代表監督であるカペッロ監督の、百戦錬磨の経験がチームを引き立てるはずだ。

週刊サッカーダイジェスト増刊 ブラジルW杯完全選手名鑑 2014年 7/7号 [雑誌][amazon]

(Newsphere編集部)

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について