guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

“まるでドビー” 日本のAV女優の整形が海外で話題 社会的な問題と指摘する声も

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

“まるでドビー” 日本のAV女優の整形が海外で話題 社会的な問題と指摘する声も

 モデルでAV女優の七瀬リナさんの度重なる整形手術に、ネット上で波紋が広がっている。海外メディアはやり過ぎと批判、社会問題の一面として報じている。

【整形手術手記】
 英デイリー・メール紙は、「日本のAV女優が度重なる整形手術で“ハリー・ポッターの妖精ドビー”のような外見に」との見出しで報じている。25歳の七瀬さんは、昨年末からツィッターで自身の整形手術の手記を記した。

 豪シドニー・モーニング・ヘラルド紙によると、2013年8月、七瀬さんは17歳当時の写真を投稿し、自分の“団子鼻と目、小さすぎる顎”を批判した。今年に入ってから鼻、顎の整形手術、豊胸、二重手術、脂肪吸引をしたのではと報じている。

 ツイッターには、耳の軟骨を除去されて、「耳が痛い・・・鼻も痛い」とのコメントがある。また鼻を石膏で固めた写真や、まぶたの縫い後が腫れた写真も投稿するなど、痛々しい回復の過程がつづられているという。

【ネット上の反応】
 最終的に“完成した顔”には、やり過ぎだという声が多い、とデイリー・メール紙は報じている。「手術前はかわいかったのに」、「マネキンみたい」など否定的な反応が多い。オンラインブログ『izismile』には、「まったくの別人。ハリー・ポッターに登場するドビーのようだ」との投稿もあった。

 記事にも、七瀬さんの手術に否定的な意見が多く寄せられている。
・担当医師は追放されるべき。
・とてもかわいかったのに。
・かわいそうな人だと思う。
・医者は患者が望むことは何でもするのか。医者を規制する立場の人間はいないのか。
・よほど自分のことが嫌いに違いない。
・お金の無駄遣い。

 七瀬さん本人は、特に大きな変化という意識はなかったので周りの反応に驚き、批判する人たちは手術を羨ましがっているだけ、と反論している。また今週初めには、「なんだかすごい幸せ。生きてて良かった。産まれて良かったよ」と、ツイートしている。整形したことを後悔はしていないという。

【現代社会における問題】
 豪フリンダース大学のTiggemann心理学教授は、七瀬さんの目指す西洋的な外見は、社会が“理想”と考えるものだと話す(シドニー・モーニング・ヘラルド紙)。「西洋的な外見に近づくための整形手術は、西洋の“理想”が世界中で共有されるようになったということ」だと分析する。

 ツイートからは貧血症、カリウム欠乏症、拒食症など七瀬さんの健康上の問題も浮き彫りにされている。Tiggemann教授は、「若いひとたちは外見でなく自分の興味のあることに打ち込むべき」と話す。一方で、今の社会でありのままの自分を受け入れることは困難で、特に若い女性にとっては至難の業だという。「社会がとるべき最善の予防策は、若者にありのままの自分の体を受け入れさせること」だと指摘した。

超整形美人[amazon]

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました