smile_woman

「かわいい」と言われたくない海外出身女性もいる

babymetal

“メタル界破壊”のBABYMETAL、新作評価は?

medical_tattoo

ファッション目的ではない「命を救う」タトゥーとは?

“ベーコンのない人生は耐えられない” 目覚まし、アイス、コンドーム…が海外で作られる理由とは

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

“ベーコンのない人生は耐えられない” 目覚まし、アイス、コンドーム…が海外で作られる理由とは

 米国の食肉加工会社オスカーメイヤー社が、ベーコンの焼ける音と香りで起こしてくれるiOS 用目覚ましアプリWake Up & Smell the Bacon を発表した。

アプリ単体だけでも、ベーコンの焼ける音が鳴る目覚まし時計として使用できる。しかし、専用の香り端末をイヤフォンジャックに付けることで、アラーム音とともにベーコンの焼ける香りを噴出する「ベーコン目覚まし時計」になる。

 この、イヤホンジャックにつける端末はScenteeといい、日本の着パフ株式会社によるものだ。海外メディアThrillistでは、コーヒーやシナモンロールなど、同社の他のラインナップも紹介している。

【ベーコン目覚ましアプリの評判は上々】
 ベーコン目覚ましアプリの使用感はどうだろうか。専用デバイスの香りは想像していたよりもかなり良い、とUSAトゥディ紙は報道している。アラーム音も、爪で黒板を引っ掻く音よりも効き目がある。それでも起きない時は、アプリから優しい男性の声がささやいてくれる。「ベーコンのない世界は、世界がない地球のようなものだ。」「時がうつろい、文明が崩壊しても、ベーコンは永遠なり。」

 Wake Up & Smell the Baconアプリは、iTunes Storeにて無料配信している。では、香りの専用端末はどうやって手に入れるのか。Oscar Mayor Wake Up & Smell The Baconのサイトから、香り専用端末の抽選に応募することができる。3月6日から4月4日まで受付中だ。
 
 ベーコン目覚ましアプリは、海外における最近のベーコンブームを象徴している。

【ベーコンに夢中】
 ソチ冬季五輪で、スノーボードのスロープスタイルに出場し、金メダルを取ったセージ・コッツェンバーグはツイッターでつぶやいた。「ソチオリンピックのメダルがベーコンで出来ていたらいいのに」と。

 実際、ベーコン商品が市場にあふれている。ベーコン味のバーボンやチョコバー、マティーニ、マヨネーズ、アイスクリームは各地で販売されている。『Livescience』によると、ベーコン・コンドーム、ベーコン味のする封筒やベーコン・リップバームまである。マーケット調査グループの情報によると、2013年、アメリカにおけるベーコンの売上は9.5%上昇しほぼ40億ドルの最高額に達した。

 一方、ベーコンが健康に及ぼす影響が懸念されている。2012年に米国医師協会で発表された研究によると、1日一回赤肉を食べるなら、ガンや心臓病等の原因で死亡するリスクが13%増加する。しかし、ベーコンやソーセージ等加工肉を食べるなら、リスクは20%も増加する。

 ベーコンに対する否定的な意見も聞こえ始めている。しかし、ベーコンが死ぬほど好きな人にとって、ベーコンがない人生は耐えられない。そこで絶対に必要な製品の登場だ。ベーコンをテーマにした棺桶はどうだろうか、と『Livescience』は結んでいる。

笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました