smile_woman

「かわいい」と言われたくない海外出身女性もいる

babymetal

“メタル界破壊”のBABYMETAL、新作評価は?

medical_tattoo

ファッション目的ではない「命を救う」タトゥーとは?

大型契約敬遠してきたヤンキース 田中投手と「7年162億円」契約に踏み切ったワケ

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

大型契約敬遠してきたヤンキース 田中投手と「7年162億円」契約に踏み切ったワケ

 東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が、米大リーグのニューヨーク・ヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約162億円)で契約した。4年後には契約を破棄できる条件も含まれており、さらなる大型契約を締結することもできる。

 今回の契約は、投手としては史上5番目の大型契約となった。

 近年ヤンキースは、大型契約を敬遠してきたとされる。同球団の契約について、本拠地ニューヨークのメディアはどのように報じているのだろうか。

【田中投手獲得に向けたヤンキースの動き】
 各紙は、ヤンキースは終始積極的に、田中投手の獲得に向けて活動していたと報じている。ESPNニューヨーク・ドットコムは、ヤンキースは2007年から田中投手に注目しており、2009年のWBCでの活躍を見て、さらに興味を持った、という、ヤンキース・ゼネラルマネージャー(GM)のキャッシュマン氏のコメントを紹介。2013年は、15回も試合を偵察したという。

 NYデイリー・ニュース紙も、「何がなんでも獲得したかった。これほどの体制で獲得競争をしたことはない」というヤンキース関係者のコメントを掲載している。ヤンキースは田中投手との交渉に8人体制で臨んだという。

【ヤンキースの変化とは】
 昨シーズン苦い経験をしたヤンキースは、チーム改革に着手している。近年、年棒を抑えるために、有力選手を獲得できずにいた。今回、年俸総額を1億8900万ドル以下に抑えて数百万ドルの奢侈税を節約することを諦めた、と複数のメディアが伝えている。既に契約した18人の選手に支払われる総額は、1億9300万ドルにのぼるという。

 NYデイリー・ニュース紙は、キャッシュマン氏が、「田中投手は、大金を積んでも獲得するだけの価値のある選手だった。世界最高レベルの才能を獲得するには、巨額の資金が必要だ。」とコメントしたことを掲載。同球団のスカウト陣は、「強いチームをつくるのに、お金をかけないというのは現実的でない」とESPNニューヨーク・ドットコムとのインタビューで述べたという。

 複数のメディアは、球団トップのこうした変化が、田中投手との大型契約締結に至ったと分析している。

田中将大 〜若きエース4年間の成長〜

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました