guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

“オナ禁”ネットコミュが話題 8万3000人が集うわけ

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

“オナ禁”ネットコミュが話題 8万3000人が集うわけ

 アメリカの大手ソーシャルニュースサイト「レディット」から派生した下位コミュニティ、『Nofap』が話題を呼んでいる。

 fapとは、一説によると、マンガで男性が自慰の際に発する擬音語として使われたことから拡散したネットスラングで、現在では行為それ自体を指すようになった。つまり、Nofapとは文字通り、自慰行為にNoを突きつける人々が集うコミュニティだ。PMO(ネットポルノ、マスターベーション、オーガズム)を一定期間断つことを表明することが「入会資格」になる。会員は8万3000人以上で、20代の男性が大勢を占め、少数ながら女性もいる模様だ。メンバーは、自らを”Fapstronauts”(Astronaut(宇宙飛行士)をもじった造語)と呼び、用意された掲示板で成果や悩みを語り合っている。

【自慰行為の「弊害」とは】
 ザ・クリスチャン・ポストによれば、自慰行為の「弊害」に注目が集まったきっかけは、アメリカ国立衛生研究所が「男性が1週間自慰行為を慎むと、テストステロンのレベルが45.7%上昇する」と指摘したことだったという。テストステロンはいわゆる「男らしさ」をつかさどるホルモンで、「女性を本能的に惹きつける物質」として別名「モテフェロモン」と呼ばれることもあるとか。すわ、やる気や集中力、男性的な若さや魅力を維持する秘訣は「自慰自制」にありかと話題になった約1年後、24歳のウェブ・デベロッパー、アレクサンダー・ロードス氏によってNofapが設立された。

 同氏は、こう語る。「Nofapは、ネットポルノ中毒に苦しむ人には、回復の場を提供するものだ。メンバーには、結婚や異性との交際など個人的な人間関係を高めたい人もいれば、純粋に、意志の力を試したい人もいる。共通点はただ一つ。PMOを断つために助け合いたいという願いを持っていることだけだ」。メンバーは、「ネットポルノにのめりこんで、時間を無為に過ごしていることのむなしさに目覚めた」と悔悛し、「すべてが以前より順調になった。仕事もうまくいっているし、人間関係も向上した」と喜びを語り、挫折しそうだと打ち明ける仲間に「ネットの前を離れて本当に自分がやりたいことを見つめ直して」とアドバイスを送る。その真剣で禁欲的な姿は、あたかも、人間修行に打ち込む修行僧のようだ。

【本当に、いいことずくめ?! 日本のネットでは疑問の声も】
 モテる。男らしくなる。若さが保てる。集中力が上がる。仕事の効率が上がる。人生が有意義なものになる—-一見いいことずくめの「オナ禁」だが、日本のネットの掲示板では、実践者が抱いた疑問や、医者に「よくないと言われた」などの反対意見も散見される。それらの人々によれば、

・男性の自慰行為は生殖機能の維持とホルモンバランスのために必要な行為。いわば、女性にとっての生理のようなもので、精巣が満タンになる3日に1回の射精が望ましい。
・男性の生理を無視した禁欲には、EDになる可能性、性欲衰退、精子の減少も否定できず、ホルモン衰退から鬱病になりやすくなる可能性もないわけではない。
とのことだ。

【ネットポルノ依存は、脳の回路に異常をきたす?! 数字が表す危険性】
 ビジネス・インサイダーによれば、Nofapの設立者のロードス氏も、真にNofapから恩恵を受けるのは、重度のネットポルノ中毒に陥った人々だと認めているという。

 ネットポルノには、人間の脳の回路に変化を生じさせてしまう危険性もあるとの説もあり、一般に考えられているよりもはるかに有害なようだ。公的に認められた医学的症状ではないものの、当初から、ポルノによって過剰な性的興奮状態を経験しすぎることにより「PIED(ポルノ誘発性勃起不全)」に陥るとの研究結果も示されているという。ビジネス・インサイダーは、ネットポルノの危険性を具体的に数字で示す啓発ページを紹介し、ネットポルノ依存の危険に警鐘を鳴らしている。

【豊かな人生を生きるコツは、「何事もホドホド」にあり?!】
 どんな刺激的な画像も映像も、ネットで観放題の現代社会ならではの落とし穴だが、そこから救われる道もネットで提供されるという、まさに現代を象徴する事態。しかし、そこから見えてくる解決策が「人間同士の関係を大切に」「何事もホドホドに」という昔ながらの人生訓であることが、皮肉と言えば皮肉かもしれない。

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました