smile_woman

「かわいい」と言われたくない海外出身女性もいる

babymetal

“メタル界破壊”のBABYMETAL、新作評価は?

medical_tattoo

ファッション目的ではない「命を救う」タトゥーとは?

(コラム)日本の猫カフェがパリに初上陸! 予約殺到で2ヶ月待ち

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

(コラム)日本の猫カフェがパリに初上陸! 予約殺到で2ヶ月待ち

 フランス女性はまるで猫のよう…そう思っているのは私だけではないはず。つれないと思ったら甘えてくる、そのツンデレ具合、さすがです!

 そのツンデレの本場(?)フランスに、9月21日、「猫カフェ」が登場しました。日本では、2004年に最初の店舗が開業し、今では全国で100店以上が営業しています。しかし、フランスではこれが初店舗。そのため、さまざまなメディアで話題になっています。

 カフェがある場所は、オシャレ地区として知られる、パリのマレ地区。137㎡の場所に、動物愛護センターからもらってきた12匹の猫がお客さんを待っています。

 オーナーのマルゴ・ガンデロンさんは、日本の猫カフェから発想を得たそうです。彼女は、猫をかわいがることで、「ロンロンセラピー」による癒しや、血圧を下げる効果もあるとメリットを訴えます。「ロンロンセラピー」とは、猫が喉を鳴らす音(フランス語ではロンロンという)を聞く事でストレスを解消したり、癒されたりするセラピーのこと。 医療の現場でも、アニマルセラピーは注目されています。確かに、猫が気持ち良さそうに喉を鳴らす様子には、思わずこちらも目尻が下がります。

 オープンは12時〜22時(予定)で、新鮮でオーガニックなメニューを揃えていきたいとのこと。あまりの人気に、11月まで予約でいっぱいだそうです。やっぱり都会では、みなさんお疲れなんですね。

【ネット上の反応】
 このニュースを伝える記事には、次のようなコメントが付けられています。

・好意的な意見
「斬新で驚いたけれども、良いアイデアね!」
「猫好きでは無いけれども、健康面の効果などで良い考えだと思うからぜひ賛成よ」
「猫カフェが近所だったらよかったのに! そうしたら一日中そこにいてしまうわ」

・疑問・否定的な意見
「飲食する場所に猫がいるなんて、気持ち悪い! 猫の毛入りのコーヒーを飲みたい人がいるの?!」
「匂いが気になるので、ノー!」

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました