guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

「半沢直樹」が中国でも大人気 その理由とは?

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

 22日に放送されたドラマ「半沢直樹」最終回の平均世帯視聴率が、関東地区で42.2%、関西地区で45.5%だったことが、ビデオリサーチの調べで分かった。2011年に放送された日本テレビ系「家政婦のミタ」最終回の40.0%を抜き、平成以降で日本ドラマのトップとなった。

「半沢直樹」は主演の堺雅人、香川照之に加え、石丸幹二や吉田鋼太郎ら演劇界の大スターらによる、押しの強い演技が魅力。逆境に立ち向かう主人公の姿が、視聴者を虜にした。

「半沢直樹」の人気は、中国にも飛び火している。中国では正式には放映されていないが、日本と同じくインターネット上で無料動画が流れ、海賊版DVDが売れているという。

 中国の無料動画サイト「豆瓣綱」では、毎週、「半沢直樹」の中国語字幕付き動画が更新されており、ユーザーからの評価は非常に高い。

 主人公の決めゼリフ「やられたらやり返す、倍返しだ」は、中国語で「人若犯我、必加倍奉還」と訳されている。このセリフを言いたくてもなかなか言えない、中国の社会人にも共感を得られているでは、と鳳凰網は報じている。

 次々と降りかかる困難に主人公が立ち向かっていく姿に、中国のネット上では「日本人の粘り強い精神力を見た」との称賛もある。

 また、銀行内の不正を描くシーンなどは、中国ではなかなか放送されない内容だからこそ、人気なのではという声もある。

(Newsphere編集部)

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました