Hiroshima_Genbaku_Dome

「原爆が戦争終わらせた…訳ではない」米英豪メディア

toyota_mirai

「日本は孤立する」燃料電池車の普及に米紙は懐疑的

sealds_guardian

SEALDsを海外メディアはどう報じたか?

メキシコで話題のコラボ 初音ミクと「マリアッチ」

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

メキシコで話題のコラボ 初音ミクと「マリアッチ」

 2013年~2014年は、伊達政宗が派遣した支倉常長使節団の日本出発及びメキシコ到着400年にあたることから、日墨交流年として、両国で様々な記念行事が開催される。メキシコでは9月10日が幕開けとなったが、そこに日本のバンド「マリアッチ・サムライ」が登場し、話題を集めた。

【サムライ・マリアッチの特徴は?】
 マリアッチとは、メキシコ文化のシンボルともいうべき大衆的な民族音楽である。大きなメキシカンハットや綿のマントといったカウボーイスタイルで登場し、メキシコの伝統的な歌を歌うことを特徴とする。

「マリアッチ・サムライ」も、マリアッチの伝統的な民族衣装で登場したが、メンバーは全員日本人。「フジヤマ」「刀」など日本の文化を盛り込んだオリジナル曲を、日本語で披露した。

「マリアッチ・サムライ」の公演は9月15日まで行われ、13日にはメキシコ独立記念日の祝典にも参加した。 

 なお、日墨交流年記念行事は、メキシコ国内では来年5月まで続く。9月20-22日に盆栽の国際博覧会が開かれる等、日本の文化を紹介する様々なイベントが企画されている。

【初音ミクもマリアッチスタイルで、メキシコに登場】
 日本からのマリアッチが、本場メキシコで話題になったのは、これだけではない。

 5月に行われた「エキスポTNT」というイベントで、日本の有名ボーカロイド「初音ミク」が、メキシカンハット姿でスクリーンに登場したのだ。舞台のマリアッチバンドの生演奏に合わせて踊り歌うその姿に、観衆からは大きな喝采があがっていた。

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました