おしゃれな抹茶ブームがニューヨークに到来! 健康・美容効果への関心も高まる

matcha_latte

 日本で伝統的に愛されてきた抹茶だが、今アメリカで注目を浴びていることをご存知だろうか。特に、ニューヨーク・マンハッタンでは抹茶ドリンクを提供するカフェが大きなブームになっている。また、抹茶の健康効果についても多くのメディアが着目して紹介しており、健康志向の人々の間でも今後ますます人気を集めそうだ。

◆ユニークなカフェの登場
 ニューヨーク・マンハッタンではいくつかの店舗で抹茶ドリンクが楽しめるが、中でも今一番熱い視線を集めているのが、2016年にオープンした「Cha Cha Matcha」だ。同店はウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)でも取り上げられるほどの人気になっている。同店の公式サイトによると、店内はピンクをベースとしていて非常にポップ。Yelpでは、ジンジャーターメリック抹茶など一風変わったドリンクが目を楽しませてくれる。イエローとグリーンの鮮やかなグラデーションがかかっていて、言ってしまえば抹茶とは別物だが、海外特有の日本文化の受け入れ方が楽しい。

 このカフェは、ヴォーグエルのウェブサイトでも紹介されている。モデル御用達のカフェとして紹介しているのは、さすがファッション誌といったところで、モデルが出没することや、インスタ映えするドリンクや店内などに焦点を当てている。モデルの似顔絵が描かれたラテアートもオーダーできるらしい。いずれの記事も日本文化としてのテイストはほぼ感じられないが、うまくアメリカ向けにカスタマイズした最新トレンドとして読者にアピールしているようだ。

◆意外とあなどれない本物志向
 また日本文化が誤解されている……とがっかりしてしまいそうだが、その必要はなさそうだ。WSJの記事によると、同店の共同創業者が宇治で抹茶の作法を学び、店では臼で挽いた抹茶を使用している。共同創業者の1人はハードロックカフェの創業者の子息とのことで、ドリンクへの熱い想いは親譲りなのかもしれない。カフェ自体のファンシーな見た目に反して、意外に本格的だ。

 さらに同記事ではもう一人の共同設立者であるサンデルマン氏のコメントとして、「心地よく張り詰めたエネルギーが放出される。落ち着いているが活発でもある」という抹茶の効果を紹介。集中力を高める抹茶の作用を的確に捉えており、日本文化である抹茶の効果が、さりげなく、けれどしっかりと報じられている。

◆もちろん健康食としての魅力も
 Cha Cha Matchaのカフェ以外にも、抹茶は健康に良いということでアメリカで注目されている。若者向けの情報サイト『エリート・デイリー』の記事はコーヒーと比較し、抹茶がとても優れていることを強調している。驚くことに、コーヒーをやめて代わりに抹茶を摂ることまで勧めている。アメリカのオフィスで抹茶をすすっている光景を想像すると、ちょっと微笑ましい。記事では抹茶の利点を一歩踏み込んで紹介している。いわく、アミノ酸を多く含むため体にゆっくりと吸収され、集中力の持続時間がコーヒーより長いとのこと。

 このほかライフスタイル情報サイト『Refinery29』では抹茶入り美容グッズを紹介し、クレンザー、マスク、クリームなどが酸化防止や炎症の軽減に役立つとしている。一方、ティーン・ヴォーグの記事でも、日本のスターバックスでの抹茶プリン発売を伝える中で、抗酸化作用、食物繊維とビタミンCが豊富、リラックスと集中に効果的など、抹茶の効果を紹介している。抹茶は健康にいいというイメージだけでなく、こうした海外メディアが科学的に踏み込んだ分析をしているのは予想外だ。日本人でもすべての作用を分かった上で抹茶を飲んでいるわけではないが、各記事ではしっかりと利点が力説されている。海外の読者の関心はかなり高そうだ。

 最先端トレンドから機能性の解説まで、様々なメディアが抹茶を取り上げている。アメリカでの抹茶は、日本古来の姿を越えて、ファッショナブルかつ健康的なドリンクとして愛されているようだ。

Photo via Logicart/shutterstock.com

Text by 青葉やまと