babymetal_concert

BABYMETALオランダ公演、往年メタラーも絶賛

what_the_fax

“まだFAXを!?” ITに保守的と海外が驚き

french_carbonara

イタリア人騒然…衝撃のフレンチ・カルボナーラとは?

「世界を変える」トヨタの燃料電池車に、海外紙も注目

  • カテゴリー:ビジネス
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

「世界を変える」トヨタの燃料電池車に、海外紙も注目

 トヨタ自動車は6日、家電見本市「Consumer Electronics Show(CES)」で、燃料電池車(FCV)コンセプトカーを発表した。これは2013年東京モーターショーに続くもので、アメリカでは初の発表となった。2015年に日米で発売予定とのこと。

【FCVの性能、価格は】
 海外各紙はトヨタFCVの性能について詳しく紹介している。FCVは3-5分の水素充填で約480km走ることが可能 。10秒間で時速約100kmまで加速し、トップスピードは時速約160kmである。

 ブルームバーグはFCVを電気自動車と比較し、充填にかかる時間が短く、航続距離が長いと利点を紹介している。なお緊急時には家庭に1週間分のエネルギーを供給できることも付け加えている。

 具体的な価格は未発表だが、ブルームバーグでは5万ドル程度、USAトゥデイでは5万ドルから10万ドルの見込みと報じられている。

 USAトゥデイによると、Toyota Motor Sales, U.S.Aのシニアバイスプレジデント、ボブ・カーター氏は、「FCVは想像以上に早く我々の手元に来る。また、予想以上に売れる。FCVが我々の世界を変える」と語っている

【社会インフラの整備は進むか】
 課題は社会インフラの整備である。FCVの初の販売予定地のカリフォルニア州では、現在10基の水素充填ステーションがあり、2015年までには20基、2016年までには40基、2024年には100基までの整備を行う予定である。ブルームバーグは、「社会インフラの整備に向けてできることはすべてやる」とカーター氏が強調したことを紹介している。

 またハイブリッドカー・ドットコムは、トヨタ自動車がカリフォルニア大学アーバイン校と提携し、ステーション建設予定地等の選定を進めていることも紹介。これが成功すれば、家庭や職場から6分以内の距離にステーションが建設されることになるという。

【FCVの将来性は】
 FCVの将来性に関し唯一批判的な意見として、ブルームバーグでは、電気自動車メーカー・テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOの、「この技術はコストが高く、複雑すぎる」とのコメントを紹介している。

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

ビジネスニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました